多様化する企業ニーズにお応えします。リース物件なら「とちぎんリーシング」へお任せください。

 

リース契約の仕組み

リース期間について

通常2~8年が一般的ですがそれぞれ法定耐用年数に応じて設定されます。基準は法定耐用年数の70%以上(10年以上は60%)の期間でお取扱いしますが、詳しくはご相談ください。

リース料のお支払は

第1回リース料は、リース開始時にお支払いいただきます。第2回目以降のリース料のお支払いは、栃木銀行本支店預金口座から自動振替でお願いいたします。
(ご要望があれば、約束手形・普通振込みの方法をとることもできます。)

保険料と固定資産税は

リース物件にはとちぎんリーシングが動産総合保険を付保していますから、火災、水害(一部物件を除く)はもちろん盗難や偶発事故にも万全です。
その際の保険料はリース料に含まれます。(但し、地震・噴火等によって生じた損害は、保険金の対象外となります。)
固定資産税はとちぎんリーシングが納付いたします。

保証・アフターサービスは

購入したときと同じように、販売会社(サプライヤー)から直接受けていただきます。

中途で解約は

リース契約においては、リース契約期間の満了まで解約はできません。しかし、どうしても解約しなければならない場合は、物件を返却していただき、規定損害金をお支払いいただくことになります。

契約期間の満了後は

リース期間の満了後にリース物件を返却いただくか、そのまま継続して使用(再リース)するか、いずれかを自由に選択できます。
再リースされる場合のリース料は年間リース料の1/10程度と大幅に割安になっていますのでお気軽にご相談ください。

リース期間の満了
ページTOPへ