多様化する企業ニーズにお応えします。リース物件なら「とちぎんリーシング」へお任せください。

 

リース契約の流れ

リース契約期間について

リース期間は、導入する設備機器の法定耐用年数を基準として決定されます。

法定耐用年数 適正リース期間
10年未満 法定耐用年数×70%以上(端数切捨)
10年以上 法定耐用年数×60%以上(端数切捨)
適正リース期間 法定耐用年数 3 4 5 6 7 8 9 10
最短 2 2 3 4 4 5 6 6
ご契約までの流れ

お客様 とちぎんリーシング サプライヤー

リース物件の選択・決定 まずはリース物件を選択・決定してください。
取扱い商品については『取扱い商品』ページをご覧ください。
リース契約お申込み・お問合せ
リース契約お申込み・お問合せ リース物件が決定しましたら、当社へお問合せください。
ご契約・審査に必要な書類(お客様お持の見積書・決算書・申告書など)をご提出ください。
審査
審査 ご提出いただいた書類を基に審査を行います。
見積書の提示
見積書の提示 リース料・リース期間・支払方法などを提示致します。
リース契約の締結
リース契約の締結 ご契約書の確認およびリース物件の機種・数量・納入場所・リース料・リース期間・支払方法などを決定します。
お客様へリース物件の納入
お客様へリース物件の納入 リース物件を購入したサプライヤーより、お客様へリース物件を納入いたします。
物件借受証の提出
物件借受証の提出 納入されたリース物件が指定した機種・仕様・数量であるかをご確認いただき、物件借受証をご提出ください。
リース開始
リース開始 借受証発行日から、リース契約がスタートします。
ページTOPへ